経験則でただ流れるだけの従来からの固定観念を覆し、
あえて竹竿のようなフィールを実現するため
印籠継ぎを採用した「がまへら 結月」。
誤解を覚悟で申し上げますが、へら竿は、
特に短尺では「感度がよい竿は好まない」こと。
純度の高いカーボンを使用した竿ほど、
魚を掛けたときに暴れやすく、
結果、竿を叩くというアクションが現れ釣り味に欠けます。
かといって、グラスではパワー不足。
そんなジレンマを解決したのが、ガラス印籠です。
本体にはカーボンを使い、
印籠棒にはガラス印籠を採用しました。
その結果、竿のブランクスパワーでなんなく魚を浮かし、
そして、継ぎに配置したガラス印籠で振動を吸収し、
美しい弧を描きながら釣り味をも追求できるという、
二律背反を鮮やかに具現化した竿ができあがりました。
さらに、グリップ部には余分な振動を瞬時に収束する
「ノイズフェーダー」を採用することで、
ガラス印籠のよさを引き立てています。
近年の管理釣り場におけるへらの大型化に伴い、
軟調子の竿は徐々に減り、
釣り場での主役は
パワーロッドに偏重してきています。
その中で、しなやかに振動を吸収し、
へらを暴れさせずに浮かす「がまへら 結月」は、
へら竿の新たな魅力を感じさせてくれる進化系
「軟式胴調子」に仕上がっています。

がまかつ がまへら 結月(ゆづき)11尺-ロッド・竿

がまかつ がまへら 結月(ゆづき)11尺-ロッド・竿

がまかつ がまへら 結月(ゆづき)11尺-ロッド・竿

読み込み中
読み込み中

CMOアプリができました!

携帯メールにURLを送信する